部署紹介 Web運用

インタビュー:ウェブ運用(中村、木場)

お二人の入社の決め手について教えてください。

中村: 以前の会社は小さな会社だったので、一人で何もかもやるようなところだったんですけど、チームで仕事がしたいなというのがありました。コネクティではコーダーさんですとかディレクター、デザイナーさんと各チームそれぞれのスキルの人がチームで働いているということが伺っていまして、それが良いなと感じたことですね。

木場: 私が入った当時は、服部社長が動画の中でユーザー目線のコンテンツを作ろうという社長自身が情報発信していて。そんな企業ってなかなか多くなかったので、そういう社長がいらっしゃる会社なんだというところです。

ウェブ運用チームの業務内容について詳しく教えてください。

中村: リリースされたサイトの更新を回していくのが運用チームなんですけど、業務内容としては更新をスケジュール通りに正しく進行していくこと。あとはお客様のお問い合わせの対応ですとか、定例会議などを設けているお客様があれば、それに向けての提案とかレポートを出したりですね。

木場: 僕の業務はちょっと違っていて、一部のクライアント様の数値レポートをまとめています。分析レポートです。それが月初の作業でありまして、一社様専属でついている企業があって、そこの企業様と週1でミーティングをしています。そして数値に基づいた提案とか、あとはお客様の新商品に合わせた定期的な更新対応とかをしています。

そんな業務の中で、面白いことややり甲斐を感じることはどのようなところですか?

木場: 僕の業務のひとつに代理店だとか制作ベンターをまとめる作業があって、そこのヒアリングが結構骨の折れることだなって思います。やっぱりスケジュール通りに回答が来ないとか、お客様の決まったスケジュールの日程までに取りまとめたりだとか。そのヒアリングと、まとめた内容をお客様にわかりやすく伝える、ということも大変ですね。あとは、運用更新案件と新規案件が重なると大変です。同じ進行だけじゃなくて、突発的にリニューアルとかもしなきゃいけないので、プラスαで忙しくなってくるんですよ。その提案も考えつつ、普段の業務もこなさなければならないとなると結構大変!

ありがとうございます。その忙しい業務の中で面白いことや、やり甲斐を感じるところはどこでしょう。

中村: 業務は多くあるんですけど、そこの優先順位を決めながらこなしていくことに達成感があります。あとはお問い合わせに対して、お客様の疑問が解決できた時もまた達成感に繋がります。

木場: 面白味と言えば、新しいウェブの知識。広告技術だったり、システムの技術だったり。そういったことがお客様経由で来ることもあれば、自分で調べて提案することが必要なので、それを知ることが面白味かなと思います。

ウェブ運用チームの今後の目標やビジョンを教えてください。

中村: 誰しもがちゃんとそれぞれ責任を持って回答できるように、全体の底上げができるように勉強会などもしていますので、全体のスキルアップを出来ればというのがチームの目標ですね。

木場: 新規提案の時に、「コネクティは運用がしっかりしているから受注に繋がる」という評判が広まればいいかなと思っていますね。新規リニューアルだけ、だったらどこの会社も出来ると思うので、そこから運用とセットで考える必要があって。今、うちの会社の強豪とあたるようなところと比較されるような立場になってきているので、その時に(コネクティは)運用サポートもしっかりしているね、というように言われたいです。

会社として、コネクティはどういう会社だと思いますか?

中村: 元々ベンチャーからきているので、割と自由な態勢があります。風通しがいい会社だと思いますよ。

木場: その通り、「自由だ」というのはすごく同意しています。考え方の自由というか縦割りが無いので、一度上司に通してからその話を進めてくださいっていうのは無くて。僕たちから直接社長に言ったり、あとは別の部署のリーダーとかに言えるっていうのが面白味があって、そういう意味では組織としてフラットですね。やりたいことは進んでやれるところだと思うので、自分でこれを進めたいですって言えば否定することはあんまり無いので、いい意味で自由です。ただ、今後も軸だけはブレないでほしい。

それでは最後に応募される方へのメッセージをお願いします。

中村: 誇りを持って働ける人がいいです。退屈よりも忙しい方が好きだっていう人も向いているかもしれません。

木場: スキルアップを考えている人であれば、第二新卒でも全然問題ないです。若い人でもOKですよ。知らない知識は入ってから学べばいいので、それまでに何かひとつ強みとなるものをアピールしてほしい。

他部署紹介

役員紹介