役員紹介 代表取締役社長 兼 コーポレートエグゼクティブフェロー 服部 恭之

コネクティの創業から10年が経ちます。コネクティが産まれたきっかけを覚えていますか?

服部: 10年前、、、、わたしはソニーで新しいサービスや新しい商品の企画を担当していました。
「経営者発掘プロジェクト」という新しい企画を当社の親会社である株式会社ワークスアプリケーションが発表しましたので、説明会に参加したのがコネクティ誕生のきっかけです。
そこでお会いした牧野代表の創業者としての情熱とビジョンに触れ、「自分で起業をしたい」と強く思うようになりました。

衝撃的な出会いだったのですね

服部: 当時、ソニーも新しいことを常に検討していましたし、成長するために何が必要かを考えながら全力で業務に取り組む環境がありました。
優秀な方も多くとても楽しい環境だったのです。
しかし、「創業者」というモデルは、「創業者」を知っている人も含めて減りつつある中で、牧野代表という「創業者」との出会いは本当に衝撃的でした。
自分の価値観が変わったといっても言い過ぎではないほどの衝撃を受け、また圧倒されました。
ゼロから1を創り出し、世の中に今までなかった価値観やサービスを提供することで世の中が変わっていく、世の中を変えていく、そのような事が自分のビジネスパーソンとしての目標となるのであれば是非そのような生き方にチャレンジしたいと強く思いました。
自分のビジネスパーソンとしての成長には自らを牧野代表のエネルギー、情熱と近い位置に置くことが必要だと感じ、前述の「経営者発掘プロジェクト」に応募しました。

そこで数百人の候補者の中から唯一選ばれました。

「経営者」という単語で語られますが、決して自分は社長になりたかったわけではないのです。
「創業者」といってもどんなサービスでもよかったわけではない。自分たちがサービスを提供することで世の中が少し良くなる、今までなかったサービスの提供を通じて世の中の価値観を少し変えていく。そんな企業になりたいと、創業当時の思いは今も変わらず持ち続けています。
ベンチャーとして走り始めたコネクティですが、当初より国産クラウド製品で世界に通用するサービスを提供したい。という想いがありました。その中でも少ない投資で最大限の効果を得られるWeb戦略という分野で、良質のサービスを提供していくことが弊社のクライアント企業の事業競争力の向上に大きく貢献するだろう。というように考えましたので、ワークスと同じ基幹システム分野ではなく、Web業務の根幹を担うCMS(コンテンツマネジメントシステム)の分野で国産クラウド製品を開発・提供していく事を選びました。
その業界においても当然外資系のパッケージは沢山流通していた訳ですが、国産製品で良い製品はなく、ましてクラウドネイティブ提供されているサービスは世の中にありませんでした。であれば我々がやってやろう。と考えた訳です。
結果、いまでは大手企業が自社にとどまらず、グループ、グローバルにおいても利用するようなWeb基盤として採択してもらえるようなサービスになってきています。

またそこだけにとどまらず、コネクティでは総合Webサービス(One Stop Web Service)として、お客様のWebサイトコンテンツ設計から、データ管理設計、システム提供からインフラサービスの設計、提供までサポートをする事業も始めました。

つまり企業のデジタルマーケティング戦略を全て担うという事です。

これは従来であれば大手広告代理店や大手SIerがやっていた分野ですが、我々はCMS開発で培ったWeb運用の最新トレンドと専門性を武器に、非常に少ない人数で大手広告代理店やSIerが実施している事を引き受けていく事を開始した訳です。

結果非常に効率的なWebリニューアル、オペレーションを実行する事が出来るようになり、企業Web投資効果は最大化されます。
こうしたコネクティならではのWeb構築や運用方式も先に説明したクラウドCMSと同様に世の中に“新しい価値”として認められ始め、大企業のデジタル戦略を弊社が担うような事例が沢山増えてきました。

目標に向かって進めていると感じていますか?

服部: 大手企業様への導入が進み、事例が増えている事には手ごたえとやりがいを感じています。 直近での目標は、エンタープライズWebサービスを求める企業におけるシェアNo.1になること。
これにはまだまだ努力や成長が必要です。開発部門や、Webサイト制作部門だけではなく営業や人事も含めて全社がもっともっと全力で成長に向かって自分たちで今までの自分たちの実力を超えて進んでいくことで、自分たちが作った新しい価値観を超えるさらに新しい価値観がつくられ、世の中が少しずつ良くなる、そんな流れがコネクティの中では常に生まれているようなプロフェッショナルな集団であり続けたいと思っています。

そのための武器はやはり、「創業者」の情熱とビジョン、ベンチャースピリッツにあるのだと、10年前の創業のきっかけを振り返っても改めて思います。
ですから、前に社長のブログでも書いたのですが、コネクティでの仕事は常にチャレンジングでかつエキサイティングなことばかりです。
多少無理だなと思うことでも、敢えて進めてしまうこともあります。何もやらなければゼロですが、何かをやることで得るものがあるのであればそれは挑戦する価値がある。
それがコネクティの個性であり強みであってほしいと思っています。

目標に向かって走り続けていらっしゃいますが、仕事以外でも走り続けているのでしょうか?

服部: 基本的には仕事をないがしろにして何か仕事以外の事をやってはいけないと思っていますが、きちんと仕事をこなし、その上で自分の仕事以外の時間もマネジメントとして自分の人生をより豊かにしてくれることにもしっかり向き合う人間でありたいとは思っています。

なので私はメンバーにも残業を推奨しません。それは私と同様それぞれのメンバーにとっても、各自の人生にとって大切なものに費やす時間をきちんと確保する事を推奨する会社でありたいと思っているからです。

例えばどんな事を仕事以外の時間で取り組まれていますか?

服部: 例えば、わたし自身は、仕事以外の時間。という事ですとそのほとんどを音楽活動に費やしていると思います。
それは、やはり「ものづくり」が好きだからなんです。
コネクティでも才能あふれるメンバーが、自ら考え手を動かしつくりあげたものを世の中に発信していっています。
ソニー時代も優秀なエンジニアが周りにたくさんいました。
わたしはものをつくることができませんから、そういった周りの活動を素直に尊敬し、うらやましいと思っています。
なので仕事ではエンジニアとして直接モノヅクリに関わる事はできませんでしたが、幸いなことに“音楽”はつくれましたので、音楽の創作活動を経て、そういった自分の「ものづくり」に対する欲求やクリエイティブに対する憧れが叶えられ、仕事とはまた違う充実感が得られている気がします。

もちろん仕事も精一杯取り組む中でそんな時間がたくさんあるということはありません。ただ「時間が無いから何も出来ない」というのは言い訳だと思うのです。きっとそういう人は仕事も非常に非効率な仕事の仕方をしている筈で、自分に沢山出来ない言い訳を並べている筈です。
なので、ここもやはり挑戦で、時間がないから曲が出来ないのではなく、時間がない中で最大限効果的な方法で、曲を作り、練習する、といった工夫をしています。 
結果BlueHairsというバンドで制作や演奏をしているのですが、バンドコンテストで優勝したり、素人ながらMusicVideoをこの前発表した作品ががたった4ヶ月でyoutubeの再生回数10万回ほぼ目前だったりと。一般常識を超えた結果が出始めてきています。(若干それは自分でもびっくりしていますが)

人間、いくつになっても大人になってもチャレンジはしてもいいのです。
それを自分自身で体現したいと思っています。
仕事、音楽活動を通じて世の中の人の価値観を少しでも新しいものに変えていきたい、最終的には何をやってもそう思ってしまいます(笑)。

これからも何事においても不可能なものは無い。というベンチャースピリッツで世の中に新しい価値観を創造していくような人間であり、会社であれるよう頑張っていきたいと思います。

インタビューに出てきた服部社長のバンドBlueHairsのMusicVideoはこちらです。
是非御関心持たれた方は一度見てみていただければと思います。
ライブも12月にあるようなので御関心ある方は是非足を運んでみてください。

■MusicVideo:BlueHairs公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCPLkUSAwHEOe-yLjNlXU5rA

■BlueHairsライブ情報
http://bluehairs-official.tumblr.com/

他部署紹介

役員紹介