部署紹介 Web新規

インタビュー:ウェブ新規(天野さん、佐藤さん、大矢さん、八木さん)

入社の決め手について教えてください。

八木: 私はエージェントの説明会で、社長とお話ししたことがきっかけですね。コネクティという会社を知らなかったので、その時初めてお話を聞いて「おもしろそうだな」と思ったのがきっかけです。

大矢: 私もエージェントの紹介です。内定が決まるレスポンスが早かったので、「ご縁があるのかな」と思ってコネクティに決めました。(経営サポートの)北川さんが面接の日程をまとめてくれたり、そういう対応がよかったので良い会社だなと思ったのも決め手です。

コネクティはどんな会社でしょうか。

天野: 自社開発のCMSを持っている事がコネクティの特徴であり、強みですね。CMSが良ければ、コネクティの評価も高いという結果になりますし。

佐藤: 結局それが私たちの技術力が高さと見られるところでもあるので、そこはかなりプラスになっているところですね。CMS案件以外でも。あとは、ただの制作会社とは違って大きな話がゴロゴロあるのでかなりチャレンジングな環境だと思います。むしろ大きな話ばかりが多いのでどう作っていくかのプロセスが楽しめます。Webサイトの制作サービスだけでなく、価格決定商材を持てるというのが、あまり普通の制作会社に無いし、そこはかなり大きい。

新規チームの業務内容について教えてください。

天野: サイトリニューアルがメイン。運用に入ってからは運用ディレクターがやります。新規チームはこれから付き合いが始まるような、いわゆる新規顧客の対応をすること。基本はコーポレートサイトのリニューアルなので大企業が対象となります。するとコンテンツなども大規模になってくるので、大規模な管理をするということ。会社の中で『新規チーム』の位置付けは、新規顧客のサイトのリニューアルをきちっと済ませて、しっかり運用チームに繋げる。そして構築後の運用も委託されていれば、運用チームで改善出来るように繋げる役目ですね。

今の業務に関して、大切なことや心がけていることはなんですか?

大矢: 心がけていることは、自分のところに溜めない、止まらせないということですね。来たらすぐに投げ返す、みたいにあまりボールを持ちすぎないということですね。

佐藤: 社内でしっかりコミュニケーションを取ろうとしている、ということですね。コミュニケーションはただ伝達するだけじゃなくて、言葉に温度を持たせてコミュニケーションを取るということに気をつけています。メールだと一方通行になって、最適なコミュニケーションだとは思っていないので、必ず一言声をかけるようにはしています。

天野: 判断とか、対応スピードだとか、機転とか、気配りとか、伝え方、話し方、頼み方、断り方、オンオフの切り替え。「どうするの?」って考えたとき、大体正しい答えってあるじゃないですか。その正しいことを一個一個出来るように心がけています。

八木: 私の場合はみなさんと比べるとディレクター歴が浅いので、これから努力していこうと思っているんですけど、結局は質の良いコミュニケーションをすることと、レスポンスを早くするということが円滑に進めるコツなのかなと感じたので、そこを重点的に取り組んでいきたいです。

業務の中で面白いと思うことや、やり甲斐を感じることはなんですか?

佐藤: 私の立ち位置だとコンペとかに「勝った!」ってなると、嬉しいですね。あとコネクティでいいなと思ったのが案件が1件終わるとポーンと飲みに行かせてくれたりするんですよ。以前所属していた会社ではほとんど無かったので、「おつかれ会」を服部さんを含めて積極的にやってくれます。

八木: そうですね。各プロジェクトが半年単位とかでやっていて結構長いので、それが終わった時に「リリースしたね!良かった良かった!」という感じになりますね。

大矢: (大きな仕事が終わった後の) 達成感。

天野: 新規チームは『決める』というところから始まるので、良くも悪くも自由度が高い。運用チームは枠組みがあった上で動く。

この業務で大変なところはどんなところですか。

大矢: 自由なところだと思います。自由も良し悪しで、ちゃんと枠が決まっている方が発揮できる人もいるかもしれないですけれど。

天野: 新規チームは『決める』というところから始まるので、良くも悪くも自由度が高い。運用チームは枠組みがあった上で動く。

佐藤: 指揮命令がいい意味でしっかり決まっていないので、本人の裁量に委ねられるところがあります。そこは大変だけど、逆を返せば理不尽な指示は上からされないですね。そして仕事の『にぎり』ですかね。何をするにも仕事の“にぎり”を作ることが必要なので、それが大変かなと思います。

それぞれの息抜きや気分転換は何をしますか?

天野: 以前子供のサッカーのコーチをやっていたんですが、サッカーのお父さんコーチって結構忙しくて。熱い人もそうじゃない人もいるんですけど、まめに練習に出ている人って公務員だとか、大きな企業の偉い人だったりするんですよ。じゃないと休めないですよ。でも私の場合はそれに出れていたから、制作会社の割には休みが取りやすいですよね。

佐藤: 確かに、直接取引でスケジューリングが自分で組めるので「ここは休みで動かないです」っていう話が結構できるんですよね。そんな時、休みとってロングツーリング行って来たりとか、一人で映画観て来たりとか。直接取引であるのと自発的にやっているというところのメリットですね。

大矢: 私は最近、寄席とか行ってます。休日もきちんと取れるので、映画もいけるし、ワークショップとかもいけます。都会って楽しいなって思います(笑)。

八木: 仕事が終わった後の時間も有効に使えたりするので、調整がしやすいですね。仕事が終わった後にちょっとどこかへ寄って帰るとかしやすいですし。映画ちょっと観て帰るとか。そういう息抜きはすごくしやすいです。

チームとしての今後の目標やビジョンを教えてください。

天野: メンバーそれぞれが案件を個別に回せるようになってほしいと思っていて、今絶賛やってもらっているような形ですね。

佐藤: チームとしてきちんとしていきたいです。新規はコストがかかりすぎちゃうことがあるので、無駄を省いたり、フレームワークを内部できちんと共有して『良いチーム』として綺麗に回していきたいです。組織体として若い感じがあるんですが、ポジティブに変えていきたいですね。

これから応募を考えている応募者へメッセージをお願いします。

佐藤: 知らない会社だと応募を躊躇しちゃうところってあると思うんですよ。どこに行っても「初めて聞いた」というように知名度は非常に低い会社なんですけど、可能性は本当にいろいろあると思うので出来ることは多いです。その人のスキルはシートだけじゃ絶対に読めないと思うので、まずは会って話してみないと。会って話しましょう!というのが応募を検討されている方に対しての私のスタンスですね。

天野: 企業様と直に仕事が出来るので、やり甲斐が感じやすい会社ですよ。

大矢: サイトのリニューアルなんて考えていないお客様に提案書持っていって…みたいなところから、サイト運用や分析まで出来るので、プロセス全般に関われる可能性がたくさんある。どこの工程をやりたいっていう人に誰にでも当てはまるのかなと思います。ゼロから話を立ち上げることもできるし、今あるものをもっと良くしていくこともできますよ!

八木: もしかしたら大企業を求めている人だとヒットしないかもですね。でも自分の仕事の透明性だとか、自分が動かしている実感を求める人にはきっとやりやすい会社だと思います。下流から上流までの全体感が見えるところがいいところだと思いますし、魅力的だなと感じています。

他部署紹介

役員紹介